40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「【映画】初恋のきた道」について

<<   作成日時 : 2004/05/09 02:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

【映画】初恋のきた道」について
おはつです。
自分もこの映画大好きな一本です、号泣しました。
感想についてはアジアさんや映画天国さんが述べてますので、私の方からは簡略いたしまして余談を少し。
東京国際映画祭で見た関係でチャン・イーモウ監督からのこの映画に関するコメントがありました。
「この映画の主人公は”見る””待つ””走る”ということしかしていません。でもこの単純な行動だけの中で彼女の愛情を込めたことでこの映画は皆さんに愛される映画になりました」といったことを言っておりました。
ほんとうにその通りです。
愛情の表現には難しい言葉は必要ないということですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
30’Sさんトラックバックありがとうございます。こちらこそおはつです。号泣されたようで・・その気持ち女性
にとっては、とても嬉しいものです、優しい方なんだろうなぁと感じます。難しい言葉も 飾らなくても、愛を表現できるものなのですねぇ。
佳恋
2004/05/09 11:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
「【映画】初恋のきた道」について 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる