40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】シュレック2

<<   作成日時 : 2004/09/09 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8/18 「シュレック2」鑑賞@新宿グランドオデオン座。

8月の映画は続編が多かった。ハリーポッターにスパイダーマンそして「シュレック2」。
前作「シュレック」でアニメの中で描かれる老舗ディズニーアニメ的世界観を見事に覆し、本当の意味での夢のあるファンタジーを見せてくれたドリームワークスの名作アニメの第2作。

前作ではおとぎ話としての世界の中に、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた名作映画たちのパロディをエッセンスとしてまぶし、美女と野獣を180度違う結末で見せることで大人でも泣けてしまう微笑ましいファンタジーとして、そしてその中に本当に素晴らしいメッセージを込めた傑作に仕上げていた。
前作を見たとき「本当に子供たちに見せたり聞かせたりするべきものはこういうアニメなんじゃないか!!」と興奮したのを今でも覚えているわけです。
と個人的にはその素晴らしいエンディングに惚れ惚れしたシュレックの2作目ということで期待大で鑑賞。

今回ももう微にいり細にいりの細かい作りでのパロディは満載。そこにシュレックとフィオナ姫の愛情物語をおとぎ話の童話世界としてまたしても見せる。
だが前回が典型的童話としての部分と、非常にシンプルにでもあっと言わせる結末へのつなぎかたとを上手く仕上げて一級の物語にしてあっただけに、やはり今回は続編かなという感も否めない。

というか基本は二人の愛情物語なわけなんだが、前回の方がシンプルですっきりしていたように感じた。
今回はまあシュレックという世界は観客も承知の上という前提で、より楽しませようという要素を強くしたせいかエンターテイメントとしての仕上がりがラストまで含めて要素が強かった。
なので前回のような物語への感動というのは薄れてるかなあ・・なんてのが正直な感想。

でも間違いなくドリームワークスでしか作れないアニメであることは間違いないんだが。
指輪物語やらマスクオブゾロやらミッションインポッシブルそしてゴーストバスターズまでわかる部分はだけでもパロディ満載だし、シュレックとドンキーそして新キャラの長靴をはいたネコまでとにかく面白いキャラクター作り出して、子供だけでなく大人の方がより楽しめてしまうような出来なんです。

ということで前回が物語中心であれば今回はより娯楽という観点を中心においた作りであったことは間違いなく、アニメとして単純に楽しめることも間違いなし。
シリーズ化してくんでしょうなあ。これは。

ということで評価★★★(3.9くらいの感じですね。前作は5満点でしたので。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】シュレック2 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる