40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】東京国際映画祭開催

<<   作成日時 : 2004/10/25 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

とうとう始まりました。今年も映画バカの私には最大の映画イベントの一つが。

今年は昨年までの会場に追加して六本木ヒルズが会場に・・と聞いてまあいいかなくらいだったんですがスケジュールを見るとほとんどが六本木ヒルズ。。
最終日まじかでBunkamuraでやるくらいで、これじゃあメイン六本木だろうが!!という状態。

まあいきなり最初から苦情言うのもなんですが・・・
開催前の文句をいくつか。。

@とにかくスケジュールというか作品内容発表が遅い!!遅い!!遅すぎる!!!
チケット発売日一日前の夕方にちらし配布とはどういうことだ!!
東京都内の人間ならまだしも、遠方から来る人なんてのはどうすんだ!えっ映画祭事務局。
元”アジアの風”部門のプログラミングディレクターの市山尚三さんの東京FIMEXなんて会期は後なのにもう一ヶ月前から作品スケジュールとか紹介でてるよ!
そりゃあ作品数も規模も違うけどその分スタッフだって多いだろうに。。

Aそれに六本木ヒルズでシネコン会場数多しっていうのはいいにせよ、一つ一つの会場は席数少ないから例年よりチケット取りづらくなってるし。
割合メジャーな人気作なんて、発売数分で売り切れなんてことは映画オタクじゃない一般の人なんてまったく買えないし宣伝自体の意味がないだろう。
開催中も”映画祭パンフです!”なんて配ってるけどほとんど完売であれ見て行こうと思ったって何も見れねえじゃねえか。

ということでどーも東京国際映画祭事務局ってやっぱり一般の人間を無視してる感じがする。
映画って一般の観客が見なきゃあビジネスにならないんじゃないか?
それだったらもう一般公開せずに東京国際フィルムマーケットって名前変えて業界のみでの開催にすりゃあいいだろうに。まあそういう風になったらどんどん映画から離れていくけどね、良質なファンは。
ともう開催前は不満たらたら・・ほんとなんかなってない感じがする。
まあ自分がボランティア参加してるわけじゃないからここまで言っていいのか?という意見も多々あるでしょうが、やっぱり言わしてもらいます。
結構毎年毎年きちんと参加してる一映画ファンとしては”東京国際”と名乗ってる割にはオソマツなんじゃねえかなというのは本音です。他の市民映画祭の方がよっぽどしっかりしてる気がします。

と文句はこの辺でここまでは開催前。
で会場も変えて今年の映画祭。結果から言うとほぼ全作品指定席になった関係で過去のように人気作は並んで待つってのが無くなってそういうところでは非常に楽になった。
それと会場六本木ってのもやはり駅からの距離とか、待ち時間の潰し方や一般の人への告知って意味では成功してる気がする。
でもその肝心の一般の人は売り切れで見れないってのはどういうもんだろう?意味ないなあ。
当日券(今年は売り切れ作品は無し)とか、当日券のみの作品枠とか、もっと上映回数増やすとかいろいろ策はありそうな気がするが。
ロケーションと自分のように前売り買って来てるコアな客には、便利になった感もあり。

ということで10/23〜10/31までの9日間・・今年もどんな掘り出し物に出会えるでしょう。
なんやかやいいながらも期待膨らませる9日間の開始です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】東京国際映画祭開催 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる