40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】東京国際映画祭総評

<<   作成日時 : 2004/11/16 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ということでやっと東京国際の鑑賞作品を掲載しおえ、最後にまとめを。

各作品毎の感想はそれぞれに書きましたので、個人的にこれは良かったという発掘作品がどれだったかを書き上げて終了いたします。
まあほんとの個人的な単なる感想なので、偏見や嗜好の偏りは多いにありますのでお許しを。

私が選んだ優秀作品(要は好きな作品ですね)
□見知らぬ女からの手紙
□帰郷
□胡蝶
□大統領の理髪師
□Sダイアリー
□花咲く春が来れば
とこの6本を今回の映画祭の私が選んだ優秀作品としたい。偉そう^^

私が選んだ各賞は
監督賞:リュ・ジャンハ(花咲く〜で新たな叙情派誕生に)
     萩生田宏治(帰郷の見事な切なさに)
主演男優賞:チェ・ミンシク(花咲く〜での哀愁に)
        西島秀俊(帰郷での素の演技で開花に)
主演女優賞:ジョシー・ホー(胡蝶での見事な感情の体現に)
        シュー・ジンレイ(見知らぬ〜での繊細な美しさに)
助演男優賞:イ・ジェウン(大統領の理髪師の息子ナガン役のプリティさに)
助演女優賞:ティエン・ユエン(胡蝶での恋人イプ役のアンニュイさに)
フォトジェニック賞:キム・ソナ(Sダイアリーでの殺人的な可愛さに)
特別賞:さよならCOLORのティーチインでのハナレグミ永積タカシの生歌(最高)

以上。
これで決まりでしょう!
当然本祭の結果とはなーーんにも関係ないのであしからず。
というか全部アジアじゃん。とほほ。(自分へ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】東京国際映画祭総評 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる