40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】東京国際映画祭『ファラフェル』

<<   作成日時 : 2007/10/23 08:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

07/10/20 東京国際映画祭 アジアの風『ファラフェル』鑑賞@TOHOシネマズ六本木。
東京国際2本目はプログラミングディレクターも変わったアジアの風より、遠き地レバノンの作品を鑑賞。
ファラフェルとは豆を揚げたスナック。主人公の若者が、ファラフェルを売る店主から言われる”たった一つのファラフェル=飛びたつものになれ”のエピソードをキーワードに、ある一夜の出来事を描く。
レバノンという場所の特異性に閉じない普遍性のある社会ドラマであり、青春ドラマでございます。いいですねえ。

レバノンという場所にある内戦のしこりや、今まだそこにある闇の部分。バイクで疾走する主人公が、ある夜の出来事の中で選択する自分の生き方。
本当に飛び立つことの意味を、とても優しい視点で決着させるその手腕に納得しました。

背景や理由ではなく、必ずどこにもある社会の、そして個人の闇。その闇に巻き込まれるのも、離れるのも自分の決断。そして絶対的に必要な家族や友人や愛情。。なんてことを強く意識させられたわけです。

ラスト間際のファラフェルに関する寓話的な出来事は、「マグノリア」を思い出しました。余談。

評価は4.5。佳作でございます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】東京国際映画祭『ファラフェル』 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる