40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】1月の映画群

<<   作成日時 : 2008/04/14 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう正月から3ヶ月まるまる過ぎちゃったよ。と驚くとまた書かなくなるので
とりあえず月間で振り返ってみよう。もうDVDも出てるかもね。ちぇっきらっ。

1.アイ・アム・レジェンド
 コンパクトでよかったよね。ウイルもなかなかだったよね。4.3点。
2.さよならベルリン
 ソダーバーグが徹底的に古きよき時代の懐古映像を復活させようとしたけれ
 ど、さてその懐古主義がどこまで観客に伝わったかということか。4.5点。
3.グッバイ・シェパード
 ミュンヘンの脚本家エリック・ロスらしい重厚な世界観にぐっと引き込まれ
 ましたな。4.8点。
4.ナショナル・トレジャー
 お前それはないだろう的な超ハリウッドマナーのエンタメぶりに単純に楽し
 む。4点。
5.魍魎の匣
 中盤までは前作の消化不良感を解消すべくペースでさすが原田眞人監督と納
 得してたのにあの終盤の作り物感満載へのペースダウンは残念な限り。なの
 で4点、中盤までは満点だったのに。
6.ONCEダブリンの街角で  オススメ
 ダブリンの街角で出会った男女の音楽に彩られた出会いと別れ。切なさあふ
 れる物語と演出に大満足。ラストのあの空気感がたまらない。吉田修一の世
 界観を同じ感性を感じたのは気のせいかい。5点満点!
7.CANDY
 今はなきヒース・レジャーがまるでその最後にリンクするかのような破滅的
 なカップルを演じる。でも、やっぱこの手の破滅系恋愛映画って乗り切れな
 い場合もあり。しかもドラッグって結局お前らの弱さをそんなに見せたいの
 かってことになる。ので4点。
8.アフターウェディング  オススメ
 ”ある愛の風景”のスザンヌ・ビアの描くある家族の風景編。圧倒的な世界観
 の力強さにやはりこの人天才だよなと納得する。いい意味でドグマの純然た
 る継承者だよなあ。
 5点満点!見るべし。”ある愛の風景”も絶対見るべし。
9.ジェシージェームズの暗殺  傑作
 ブラピって本当にアート嗜好強いよなあ。この映画、日本じゃほとんど支
 持されないだろと心配になるくらいかっこいいハードボイルド・ウェスタ
 ン。全編にこだわりぬかれた色彩設計と構図に、どうしようもなく匂いた
 つ男臭い物語の相性の良さに惚れこんだ。
 文句なく5点満点!!ボクは猛烈に支持するが、人には薦められんのが残
 念。この映画の良さをわかるひとと語り合いたい。
10.シルク  オススメ
 正直そんなに期待せずに見たのだけれど、これは傑作でしょう。マイケル
 ピットの躍動感やキーラ・ナイトレイ/芦名星の女優陣の美しさもさるこ
 とながら、その映し出されるフランスと日本の正反対の田園(山村)風景
 と坂本龍一の音楽の美しさにもやられましたわ。4.9点。
11.チャプター27
 ジョン・レノンを殺した男の三日間をジャレド・レトがフィリップ・シー
 モア・ホフマンかよ!ってくらい増量しデニーロアプローチで肉迫。その
 時間の静かな狂気にまさに触れているという再現性は圧巻でしょう。
 4.8点。

と1月はこんな感じ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】1月の映画群 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる