40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】『花よりもなほ』

<<   作成日時 : 2006/07/05 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

7/4「花よりもなほ」鑑賞@新宿ジョイシネマ。
リアリズムを徹底的に追求していた監督是枝裕和が時代劇を・・それも豪華役者陣を控えて・・とサプライズ要素も多い近作だったが、鑑賞一言。すばらしい!傑作です!!
間違いなく是枝イズムが端々に刻み込まれた凛とした端正な傑作だと思ったわけです。

”戦わないこと””人を憎むことの行き先”といった主題を、江戸時代末期の貧乏長屋の人々の世話物ともいうべきストーリーと、主人公を中心とした生活を端正に本当に丁寧に描くことで表現。もう泣きそうになりました。なんでこんなに優しく人を見つめるのかと感動したわけです。

主人公はV6岡田准一演じる青木宗左衛門。亡き父の仇討ちをするために江戸の貧乏長屋に住み機会を伺っているが、肝心の剣はめっぽう弱く仇討ちする様子も見えない。そんな彼と長屋に住む個性豊かな人々の仇討ちまでの物語。
このストーリーを時代劇らしく仕上げることも十分できたであろうが、敢えて物語そのものに主眼を置くのではなく、その時代にその場所にいた(であろう)人々の想いと空気に主眼を置き観ているのであろう。

物語的にみれば今までの作品の中では極めてドラマ的であり映画的であるともいえるのだが、過去”事件を起こしたカルト宗教の加害者たちの家族”や”親にとり残された子供たち”といった設定そのものがドラマであったのに、今回は”江戸時代の仇討ち”という物語そのものにドラマを置くという点では常にドラマというものを表現の違いはあれ追っているようにも思える。
また常に是枝作品に登場する人々は特別な人ではなく、身の回りにいてもおかしくない人々。それがほんの少しの運命で稀有な存在になってしまう人たち。前作までも今作もたしかにそういった人々。貧乏長屋に住む普通の人々、でもそこでには仇討ちなどの運命のいたずらがあるといった設定も改めて考えるとうなずける。

映像的にはオープニングの朝を伝えるキム兄やん扮する孫三郎の姿から長屋の朝が始まる。本当に静かに静かに始まるこのシーンからもう是枝印で関心。
なで肩のこのオープニングで長屋の人々と空気を提示。静かだが優しく人を見つめ続ける監督の視点を強く感じ映画にひきこまれた。
そこから始まる本編も本当に静かに見つめる視点の多いこと。その視点の優しさ。
そして奇跡的なほどに美しいシーンの数々。夜を伝える孫三郎・神社での宗左衛門たち・実家へ帰る叔父庄三郎との旅など数々の美しいシーンにも目を奪われた。

そして素晴らしい役者たち。岡田中心に宮沢りえ・田畑智子のみならず古田・中村・原田・石橋らの名優、そして浅野・夏川・寺島らの前々作”DISTANCE”組、そしてキム兄やん・千原兄・竜ちゃんらお笑い脇役組も色を添え素晴らしい布陣。
印象に残ったのはお笑い組の脇役の色の豊かさと、悪役の多い石橋蓮司の豊かなせりふと笑顔が印象に残った。

これら素晴らしい世界をエンターテイメントのみでなく、”憎む気持ちをゆっくり時間をかけて抱えていくこと”と”戦わないことの意味”をこの映画の芯を通し深く観客に残したという点でも高く評価したい。

いい映画でした。もっと高評価されてもいい作品なんではないでしょうか。
なので評価★★★★★(満点!!)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お初に存じます!この映画を見るまでは、侍=強いと考えていたが、ヘッピリ侍も悪いものではないですね!宗左は、人間味溢れるいいお侍さんに感じました。それと宮沢りえ。某お茶のCMで着物が似合う女優になりましたね!岡田君との息もビッタリでした。「クソを餅に変える」(食事でしたら失礼)は名セリフですした!音楽もヨカッタ!何かこころが和むような曲でした。俺も逃げ足は早い(?)男になりたいです!
貧乏旗本の長男坊
2006/07/05 10:00
長男坊さん。コメントありがとうございます。
あのラスト前のせりふ良かったですよね。思わず興奮して言ってしまったというのもかなりいい感じでしたね。にげあし教えますという札もかなりおかしかったです。
ひろし
2006/07/06 01:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】『花よりもなほ』 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる