40's SubCulture Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 【映画】東京国際映画祭『遠い道のり』

<<   作成日時 : 2007/10/23 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

07/10/20 東京国際映画祭 アジアの風『遠い道のり』鑑賞@TOHOシネマズ。
続いて3本目は韓国映画。映画とは総合芸術であると言われる。映像や音や物語などを使い総合的に表現するものである。その中でこの映画は、正に”音”の映画であった。
波が打ち寄せる・風がそよぐ・森の木々がざわめく・歌をうたう・・様々な音がこの映画では散りばめられ、主人公たちと共に自分が旅をする。。

音に導かれるように旅を続ける主人公3人。別れた彼女を忘れられない映写技師の若い男・不倫に疲れるOLの若い女・自分を無くしているような精神科医師の中年男。この3人が向かう約束の地、自分探しの物語。
それぞれが抱える行き場のない思いと孤独、旅の中でその気持ちの元は他者を求め続ける思い。しかし、旅は・・そしてその旅する場所は、自分自身を見つめるという行為に変わっていく。

圧倒的な美しさを見せるラストシーンで出会う若い二人が、彼らのこの先を象徴的にとらえる。美しかった。。そしてカットアウトし流されるタイトルテロップ。そうか”遠い道のり”か、と頷きながらとても心に残る映画となりました。

敢えて難を言えば、主人公を3人とすることはどうだろうか?医師の物語は本当に必要だったのか・・3人にしたことで物語が拡散しているんじゃないかな・・というような気がしたのです。
と思ったら上映後のティーチインでリン・チンチェ監督でてきたら、もうしゃべるしゃべる。通訳の間も与えないほどしゃべりまくる・・あーこの監督って削るんじゃなくて、盛ることが好きなんだなと。だから作品にもその盛る要素が見られるんだなと、不思議に納得した次第です。
個人的には削るシンプルの方が好きです。

映画としては音と旅する美しいロードムービーでしたので、評価4.6。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【映画】東京国際映画祭『遠い道のり』 40's SubCulture Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる